国際脳教育協会 持続可能性報告書2016

■ 報告期間 2015年1月~2017年2月
■ 報告範囲 国際脳教育協会 定款に明示された目的事業全般の内容及び持続可能性の問題
■ 報告原則 持続可能性報告書の国際的基準であるGRI(Global Reporting Initiative)ガイドラインを市民社会団体の特徴に合わせて構成した「NPO持続可能性報告ガイドライン」にもとづいて作成し、国連グローバル・コンパクトの報告書(Communication on Engagement, COE)を兼ねる形で構成されています。

国際脳教育協会 持続可能性報告書2016 詳細資料は こちら からご覧いただけます。
image
※ファイルはPDF形式です。閲覧には Adobe Acrobat Reader が必要です。
Get_Adobe_Acrobat_Reader_DC_web_button_158x39.fw