ハッピーブレインシティーづくりフォーラム in いわき(4/19)

いわき市で市民の皆様にブレイン体操を普及することで健康な生活文化に貢献しているブレイントレーナー一同は、健康で幸せないわき市づくりの力になりたいと思い、IBREA JAPANと協力し、ハッピーブレインシティプロジェクトを提案しています。
ハッピーブレインシティプロジェクトは市町村の構成員の心身の健康をサポートするプロジェクトです。子ども、大人、高齢者、女性など、幅広い住民を対象に脳教育にもとづく心身健康プログラムを提供しています。脳教育にもとづく心身健康プログラムは、ブレイン体操を中心にいわき市民の体力、心力、脳力を高め、健康で幸せな家庭づくり、まちづくり、都市づくりに貢献していきます。
今回、ハッピーブレインシティづくりフォーラムでは、市民の皆様をお迎えし、ハッピーブレインシティプロジェクトの説明や活動事例の報告、また市町村に必要な健康分野支援について意見を集め、対策を考えていく時間を提供します。

講 演

長い復興期をしなやかに生きる
〜 人間関係のストレスへの対処 〜

招待講師

瀬藤 乃理子(せとう のりこ)

福島県立医科大学医学部 災害こころの医学講座 准教授。神戸生まれ。
阪神淡路大震災で被災後、神戸での病院臨床・大学勤務を経て、平成30年より福島に赴任。心理学修士、保健学博士。心理学の専門は喪失と悲嘆の心理学、ストレス学、災害支援など。マインドフルネス瞑想で自身の燃えつきを克服した経験から、現在、ストレスやストレスケアに関するプログラムを各地で実施している。

講 演

ハッピーブレインシティプロジェクトによる幸せなまちづくり提案

田中 ゆかり(たなか ゆかり)

キューバ国立大学 人文学科 心理学部卒。現地の総合病院で心理カウンセリングや小学校でスクールカウンセラーを経て、2011年に脳教育と出会い、ブレイントレーナーに転身。2015年、国連で開催された青少年メンタルヘルスセミナーに参加。神奈川を中心に講師活動をしながら脳教育普及をしている。

脳教育適用事例

脳教育でいわき市に希望を!
~ 明るさを取り戻した私の体験談と脳教育トレーニングの実施例 ~

南 いくよ(みなみ いくよ)

結婚を機に福島に。東日本大震災で被災後、町田市に避難するも心身共に疲弊していた時に脳教育に出会う。
心身共に元気になり、人生に希望を持ち、脳教育で福島を元気に!との思いでブレイントレーナーに。
トレーニング指導の傍ら市民の健康促進活動に注力している。2児の母。

日 時

2020年4月19日(日)14:00 ~ 16:30

オンラインで開催します

オンライン参加方法は、お申込み後、事務局より個別にご案内させていただきます

参加費

無料

チラシ

こちら をクリック(PDFファイルが開きます)

後 援

いわき市 いわき市教育委員会
一般社団法人 Earth Citizens Organization

お申し込み

下記お申し込みフォームよりお申し込みください。

お申込みは終了いたしました。たくさんの方のご応募をありがとうございました。

参加者人数 (必須)
お名前 (必須)
お名前(ふりがな) (必須)
性別 (必須) 男性女性
ご住所 (必須)
お電話番号 (必須)
メールアドレス (必須)
ご職業 学生主婦会社員学校・教育関係その他
何をご覧になりましたか? チラシFacebookWebサイト紹介その他
備考欄

ご記入いただきました個人情報は、お問い合わせや案内文書の送付、返信、本人確認のためにのみ使用させていただきます。これらの目的以外には、一切使用いたしません。

個人情報の取扱いについて、同意の上送信します。