第4回グローバルメンタルヘルスセミナー 開催(2017.8.5 @京都大学)

2017

人工知能がもたらす社会変革時代に求められるメンタルヘルスとは?
脳教育が人間力を高め未来を切り開く

現在、飛躍的に進化する人工知能、IoT、ビッグデータ等の技術革新により、働き方や仕事の内容、学校教育が変わってきています。

第4次産業革命とも呼ばれる新たな情報化時代の流れの中で、人間力を高める必要性が増しています。これまでの意識、思考、行動を変え、ストレスケアにとどまらないポジティブなメンタルヘルスケアや自己価値創造が求められ、脳に関する研究や脳開発、脳教育に対する関心が高っています。

国連広報局NGOとして登録されているIBREA(国際脳教育協会)の日本支部である私ども IBREA JAPANでは、脳教育を通した潜在能力開発やメンタルヘルスケアに関する活動を行ってまいりました。現在、特に脳と腸との関係に着目し、腸のケアを通して体も心も健康になる方法について、世界各地で指導や普及活動を行っています。

第4回目となる本セミナーでは、日本および韓国の第一線で活躍されている専門家をお招きし、脳の可能性や腸脳相関の視点から、メンタルヘルスに関する講演や事例発表を行い、大きな変化の時代に求められるメンタルヘルスケアについて考える場を提供します。

 

<< プログラム紹介 >>

第1部 メンタルヘルスと教育

招待講演 人工知能 vs 自然知能 ~ 人間の脳の特別さを自覚させる ~
Jang_rehyoku
講師:蔣 來赫 (ジャン レヒョク)氏

・グローバルサイバー大学脳教育融合学部教授
・脳教育雑誌『ブレイン』編集長

国連経済社会理事会の協議地位期間である韓国脳科学研究院の首席研究員を経て、2016年より現職。脳教育に特化したグローバルサイバー大学の教授として脳教育の研究と指導を行いながら、脳教育雑誌『ブレイン』編集長、国連広報局登録NGOであるIBREA(国連脳教育協会)事務局長も務める。

 

 

 

事例発表 地球市民を育てる脳教育の教育革新モデル
Reiko_Shinagawa
講師:品川 玲子(しながわ れいこ)氏

・一般社団法人 Earth Citizens Organization 理事
・日本ベンジャミン人間性英才学校校長

お茶の水女子大学大学院博士課程 課程終了後、ニューヨーク大学大学院にてコミュニティ心理学博士課程を修了。
日本人初のブレイントレーナーとして10年以上の脳教育指導経験があり、様々なセミナー等の講師として、またテレビ、雑誌等でも広く心と体と脳の健康について伝えている。

 

 

 

 

第2部 メンタルヘルスと健康

特別講演 幸せな脳は腸がつくる ~ 腸脳相関の秘訣 ~

講師:藤田 紘一郎 (ふじた こういちろう)氏

東京医科歯科大学名誉教授
医学博士

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。東京大学・テキサス大学で研究後、金沢医科大学教授、長崎大学教授、東京医科歯科大学教授を経て、2005年4月より現職。日本寄生虫学会賞、日本文化振興会社会文化功労賞、国際文化栄誉賞等を受賞。
感染免疫学、寄生虫学の専門家であり、カイチュウ博士としても広く知られている。腸や免疫に関する著書やテレビ出演等多数。

 

 

 

事例発表 腸と脳のメカニズム ~ 脳教育トレーニングの効果 ~

企業等の職場や高齢者、学生、生徒等を対象に脳教育トレーニングを実施して、心身の変化に関するデータを収集。そのデータを分析した結果に基づく事例発表を行う。

 

 

 

<< 第四回グローバルメンタルヘルスセミナー 詳細 >>

●開催日時:2017年8月5日(土) 13:00~17:00 (開場 12:30)
●参加費 : 3,000円 (全席自由)
● 主催 :特定非営利活動法人 IBREA JAPAN
● 後援 :IBREA(国際脳教育協会)、グローバルサイバー大学、一般社団法人 Earth Citizens Organization
● 会場 :京都大学 百周年時計台記念館 百周年記念ホール
住所 :〒606-8317 京都府京都市左京区吉田本町36
吉田キャンパス本部構内 正面玄関

●申込方法:以下のチケット購入からご購入いただくか、専用電話 050-5578-0610 までお電話ください。 受付時間 9:00~21:00

button

●チラシは こちら(PDFファイル 約2.8Mb) をクリック

●グローバルメンタルヘルスセミナー 特設サイト http://global-mentalhealth-seminar.com/