グローバルメンタルヘルスセミナー(京都大学内) 開催結果のご報告

グローバルメンタルヘルスセミナー 京都大学(益川ホール) 開催結果のご報告

『大人と子どものメンタルヘルス キーワードは脳!』 をテーマとして幼児から高齢者まで幅広い世代のメンタルヘルスについてセミナーを開催いたしました。世界と日本における脳科学やメンタルヘルスについての動向・知見をテーマにした講演を行い、メンタルヘルスに関する国内外での取組や事例研究およびココロとカラダを元気にする簡単なエクササイズ等をご紹介させて頂きました。多くの方にご来場頂き、メンタルヘルスに対する「脳」への関心がうかがえました。

【開催概要】

■日時:平成25年11月8日(土) 13:00~17:00

■会場:京都大学 北部総合教育研究棟1階 多目的ホール(益川ホール)

■プログラム:

《第1部》

「瞑想に基づくメンタルヘルスのケアと治療の最前線」
甲南女子大学 看護リハビリテーション学部 准教授 心理学修士 保健学博士 瀬藤乃理子 氏

「脳と教育の融合によるメンタルヘルスケア」
グローバルサイバー大学 脳教育学部 教授 ハ・テミン 氏

《第2部》

メンタルヘルスケアのための簡単なブレインエクササイズを実際に体感し学校、病院、職場などで
実践しているメンタルヘルスケアの事例発表を実施。

「精神科病院でのブレインエクササイズ実践報告 ~身体心理学的アプローチとして~」
精神・神経・心療内科病院勤務 リハビリテーション部 理学療法室主任 中山義博 氏

「障害者および老人ホームにおけるメンタルヘルスケア ~明るい脳が希望をつくる~」
八王子 ボランティア代表 熊澤いつ子 氏

「地域に根ざした脳の健康づくり ~ゆりかごからシニアまでの実践報告~」
広島市男女共同参画推進員 鎌田昌美 氏

「小学校への脳教育導入を通した子どものメンタルヘルスケア」
子ども脳教育講師 木庭かおり 氏

【参加者】

■195名

【事例発表の映像】

『障害者および老人ホームにおけるメンタルヘルスケア』 熊澤いつ子 氏

『地域に根ざした脳の健康づくり』〜ゆりかごからシニアまでの実践報告〜 鎌田昌美 氏

『小学校への脳教育導入を通した子どものメンタルヘルスケア』 木庭かおり 氏

『脳教育プログラムがもたら親子関係の改善』  高橋尚美 氏

『発達障害児童に対するブレインエクササイズの効果』 北川奈保子 氏

(開催風景)

kyoto2