国際脳教育総合大学院大学

国際脳教育総合大学院大学は、弘益社会の精神を学問化し、世界化するグローバル ビジョンによって設立された学校です。

国際脳教育総合大学院大学

今までに、脳教育学、国学、平和学の三専門分野で社会的な実践力と国際的な競争力を備えた数多くの人材を排出してきました。

脳教育とは脳を効果的に運営して活用することができる体験的教育方法論です。

生産的で創造的で平和な弘益精神を養成し、人類平和に貢献しようとする人材を育成する人間性回復のための教育で、人類が目指すべき平和を実現するための教育といえます。

現在、先進教育現場で、新しい教育代案として認められており、今後も持続的な研究と、プログラム開発により、全人類の為の教育学問としての価値を確立することになるでしょう。

国連脳教育総合大学院大学ホームページ

 

国連 脳教育諮問機関 脳科学研究院

1990年に設立。韓国脳科学研究院のビジョンは脳に対する研究を通じて、脳の真の意味を理解し、本来の機能を明らかにさせ、機能を回復することで、無限の可能性を引き出すことにあります。

脳の活用は人類をより健康、幸せ、平和に貢献するでしょう。

 

韓国脳科学研究院ではこのビジョンのために、思考、記憶、学習など脳の多様な機能と現象を研究しています。

この核心的な研究を遂行している主題はHSP – Heightened Sensory Perceptionすなわち高等感覚認知機能です。

HSP現象は人間の脳に対する理解を促し次元高めることができる脳の現象とし、研究に拍車をかけています。 これと共に、このような研究結果を土台に脳の機能を向上させることができる色々なプログラムが研究開発されており、脳科学の発展のために多様な活動をしています。

kanren

画像はイメージです。

 

韓国脳科学研究院ホームページ